授業中に意識が無くなること

大学で授業中に居眠りをするのは私の定番であり、これはどんなに我慢してもずっと起き続けるのは無理だったのです。「何故か?」と聞かれても全く答えが見つからないのです。

先生が講義している状態をしっかり目で捕らえているのですが、そこから意識がプツリと途絶えて、気がついたら上半身がうつぶせ状態で意識が戻ってくるのです。しかも時間は1時間ほど過ぎてしまっています。

もしかしたら、私の席の後ろの人が麻酔注射を打っているのではないか?とか、授業を受ける前に売店で飲んでいたお茶の中に睡眠薬が?のような事も考えましたが、私を眠らせる意味が分からないので、恐らく誰かの仕業ではないと思うのです。

不思議だったのは、そのように不真面目な状態で授業に参加していても、どうにか卒業できたことです。授業に顔出さない友人もけっこういたのですが、仲間達がノートを貸してあげたりして、試験の日までには必死に勉強していたのです。

その時の集中力だけは誰にも負けないのか、仲間のほとんどは必要な単位をゲットできていたので、卒業できたのです。