携帯ショップでのアルバイト

携帯ショップという社員さんが働いているというイメージを持っている方も多いと思いますが、アルバイトの店員も結構います。実際に私も大学時代に携帯ショップでバイトをしていました。
何と言ってもその魅力は高時給であることです。しかし、その分仕事の内容はある程度専門的なものになります。その会社の携帯の知識のおいて、お客様を下回るわけにはいきませんから、バイトに採用されるとすぐに大量の資料の暗記が命ぜられます。そして契約を取り扱うバイトでもありますから、絶対にミスは許されないというプレッシャーもありました。
最も記憶に残っているのは、やはり一番目のお客さんです。もちろん隣にベテランの方が付き添ってくれたのですが、緊張して対象の携帯の説明以前にろれつがまわらないような状況になってしまいました。しかし、お客さんは「新人さんでしょ?頑張って」とにこやかに接してくれ、うまく切り抜けることができました。
最初はどうなることかと思ったこのバイトでしたが、経験を積むうちに自信がつき慣れていくものです。責任の大きいバイトでもありますので、社員の気持ちを味わえたという意味で、その後の人生に大きく役立ちました。