摘んだお茶を倉庫に配達する仕事

私の地元はお茶を生産している農家がいくつもあります。そんな農家でアルバイトをしたことがあります。アルバイトの期間は2ヶ月だけで、収穫時期の作業が多くなる期間だけです。

仕事内容は何度もやったことがあるので分かっていて、農家の人たちが摘んで1カ所に集められたお茶を、手作業でトラックに乗せていき、倉庫に集めていくという作業です。そしてある程度仕分けして箱に詰め分けたら、共同販売店まで搬送するのです。

この作業が毎日延々と繰り返されるのです。同じ事の繰り返しの流れ作業なので、バイトを始めて1週間目ではエキスパートな感じになります。効率的に仕事が出来る様に考えて行動するようになり作業能率もすぐに上がるのです。

そして「これって楽なアルバイトじゃないか?」と思い始めて調子が上がってきた頃に、アルバイトの期間が終了するのです。自分としては自分のペースを守りながら楽しく仕事をやっていけるアルバイトなのです。来年度も必ずやろうと思うのです。