教えることの難しさを学んだ家庭教師

わたしは大学時代に家庭教師のアルバイトを2年間していた経験があります。体育会系のアルバイトに所属していたので夕方以降のアルバイトしかできず、必然的に家庭教師になったわけです今は就職して16年になりますが、この家庭教師の経験が今でも役になっています。それは何かというと話を聞く人間の気持ちや知識レベルに立って、考えることの大切さを学んだことにあります。私が教えていた中学生2人は正直、トップクラスの学生ではなかったので私が分かったつもりで話しかけると実は理解していないのです。かといって一方的に話をしても本人のためになりません。そこで学生の知識レベルや考えていることを私なりに考えてから話しかけることにしたのです。するとお思った以上にコミュニケーションがスムーズになりました。こうしたアプローチの方法を家庭教師を通じて身につけることができたので今でもコミュニケーションをとる際には、ある程度の自信をもってのぞむことができます。