教えるのが上手な人と下手な人

バイトを始めたばかりの頃は分からないことだらけです。それらを先輩方がいろいろ優しく教えてくださいました。とてもありがたいことでした。ただ、私にどれくらい教えたのかを全員が把握しているわけではないので、よく同じことを教えてもらうという状況に遭遇していました。そんな時は、「もう知っています。」とは言えず、ありがたく拝聴していました。
同じことを説明してもらうとなると、気付くのが、教え方の上手い、下手です。上手い人は聞いているだけでパッと覚えることが出来ます。しかし、下手な人になると理解するのに時間が必要で、覚えるのが後回しになるため、すぐに実践で使うことが出来ませんでした。そんな感じなので、困ったことがあったら聞きに行く先輩というのは自然と決まってきます。ただ、当の本人はその理由が分かっていないのか、なぜ自分にばかり聞いてくるのだろうかという表情をしています。「先輩は教えるのが上手だからです。」と言ってしまえば、他の先輩は下手と言っているのと同じなので、理由は言えませんでした。