教科書は安くはないのです!

大学に通っていて一番厄介に感じられたのが教科書の購入でした。本当に高いからです。千円を切るなんてことはまずありません。数千円するということがざらでした。なので、基本的には買いたくありません。そのため、私は見極めます。この授業は本当に教科書がいるのかどうかを見極めるのです。
最初の授業でこの教科書を使いますとアナウンスされたとしても、実はほとんどがプロジェクターで表示される板書で話が進み、しかもそれがプリントされて配られるので、全く使わないということも多いのです。それなのに買うのは無駄です。確かに読めば参考にはなります。しかし、どんな本でも買っていてはお金が足りません。
サークル活動、遊ぶためのお金、一人暮らしをしてればそのためのお金も必要です。学生は何かとお金が必要なのです。教科書を安くするか、もしくは教科書を買わずにすむようにするか、どちらかを実現して欲しいとずっと思っていました。使うと言ったのに、全く使わなかった先生の名前は一生忘れません。