敬語の使い方だけでなく、自信もついたアルバイト経験

今まで私がやって印象に残っているアルバイトは、何らかの回線の勧誘電話をかけるというものでした。一人一人に携帯電話が支給され、大部屋に集まって名簿の上からひたすら電話をかけてアポを取るというものでした。はじめは知らない方と話をするのに緊張してしまいいっぱいいっぱいでしたが、電話をかけているうちにどんどん慣れてきて余裕を持って対応できるようになりました。
そのアルバイトで学んだことの一つに、言葉遣いがあります。そのアルバイトをする前は敬語をあまり使わない生活をしてきて、敬語をどう使っていいのかわからずに言葉が出ないということがありました。基本的な敬語の使い方を学んだということもありますが、心を込めて話せば多少の間違いがあっても気持ちが伝わるということは大きな発見でした。
その経験があったので人と話すときにあまり緊張しなくなり、苦手だった接客のアルバイトなども問題なくできるようになりました。あのアルバイトがなかったら今でも人と話す時に恐怖心があったと思うので、やってよかったです。