文房具収集サークルに参加した話

私は大学時代、文房具収集サークルに所属していました。
内容は単純明快で、自分が好きな文房具をひたすら集めるというものです。そして自分の誇りを持ったコレクションを、サークルの参加者に自慢するのです。
私はシャープペンシルが好きでしたので、最初はその大きな枠に絞って収集していました。
しかし、シャープペンシルと一口に言っても色々有ります。
最終的に私が魅了されたのは製図用のシャープペンシルでした。
ペン先が細く長い所、無駄のないフォルム、多様な太さの芯展開、機能性、どれをとっても製図用は素晴らしいです。
私はすっかりそれに魅せられ、ロフトや東急ハンズなどに出向いては片っ端から製図用シャープペンを買ってきては眺めてニヤニヤしていました。
気に入っていたのはステッドラーのもので、これはノックで出る芯の長さを調節することができる優れものでした。
これは実用性がとても高く、学生時代はこのペンを愛用していました。
その溺愛ぶりはは半端ではなく、私の従兄弟もまたシャープペンマニアなのですが、彼にも普及させてしまったほどです。
文房具への熱が更にコアになった、思い出深いサークルです。