文章問題を得意にするには読解力がなければいけないのか。

高校受験において、私の中で最も多く質問を受けるのが国語です。しかし、国語ってどうやって勉強をすればいいのかということについては明確な答えを持たないことにしています。

それは、文章を読みなれているかそうでないかによって、勉強方法が異なってくるからです。近年、問題文の意味を把握するのを苦手とする子ども達が多いような気がします。設問の意味を把握してなければ、正しい解答をすることができないはずなのに、それを分からずして「どうやって答えたらよいか分からない。」と回答する子達がいます。

受験勉強となると、限られた時間の中で勉強しなければならないので、試験日から逆算して今何をどう取り組むかを決めなければなりません。本を読むのが苦手な子達に、本をたくさん読んで文章に慣れさせるというのは時間がかかりすぎるので、オススメはできません。

では、いったいどうしたら良いのか。もちろんコツはありますが、多くの子達がこれを聞くと引いてしまいます。

文章を読むのが苦手な子達には、文法を教えることでどういうところが重要なところなのかを理屈でもって理解させるということです。