文系学部受験の方へ

希望する学部が文系学部であるという受験生の方は、まず文系学部を受験することへの理解を深めていく必要があります。
文系学部は、基本的に国語・英語が必須科目となり、加えて選択科目を日本史・世界史・地学・政治経済・倫理などから1つまたは2つ選ぶという形が一般的です。
上記で挙げた必須科目と選択科目は、同じ科目でありながら暗記科目かそうでないかという大きな違いがあります。前者の科目は暗記科目ではなく、理解しながら学習していく必要がありますが、後者は暗記科目ですので、詰め込み式の学習で十分に合格点を取ることができます。
そのため、文系学部を受験するという方は、学習をはじめる順番を必須科目→選択科目とすることが極めて重要です。必須科目の2つは、センター試験で8割以上を確保しようと考えると、そうそう短期間で知識を身に付けることはできませんので、受験勉強開始と同時に学習を始める必要があります。
一方、選択科目は受験日の3ヶ月前程度からで十分8割以上を取ることが可能なため、1年以上も前から学習を始めるという必要はありません。