料理が大好きだった大学生時代

大学、アルバイト、勉学の合間に料理を嗜んでいました。
料理は実益を兼ねた趣味であり、自分のためにもなると励んでいました。
大学の勉強内容は料理とは全く関係が無いのですが、大学の勉学と全く関係が無いからこそ、
ゆったりと勉強の事を忘れて料理という趣味をエンジョイできていました。
良く作っていた料理は御菓子系でした。
御菓子は美味しくて可愛くてお洒落、なんてイメージがあり、
昼間に大学から帰宅をした際には昼下がりの穏やかな日差しの中、作っていました。
チーズケーキ、クッキー、スポンジケーキといった料理でしたが、
砂糖を控えめにする事で健康的な料理が作れていましたし、
お腹も膨れて、また勉強を頑張ろうという自分への励ましにもなっていました。
大学生時代には既にインターネットが普及していましたので、
自己満足で自分が作った写真をインターネットにアップロードをして悦に入っていました。
学生時代に料理を学んでおいたために、社会人になってからも役立ちましたね。