新しいホテルでバイト知り合った同年代の仲間

私は大学時代勉強、バイトと毎日忙しく過ごしていました。仕事は配ぜん人紹介所に登録をしていろいろなホテルレストランに派遣されるのですが、その頃お台場の開発がピークで、大きなホテルが次々と建設され、毎週宴会がそのホテルの宴会場で行われていました。1日に4件もこなすこともざらにあります。宴会自体は2時間から2時間半、次の宴会へのどんでんに30分から1時間、そして次の宴会でサービスに入る、時にはどんでんいいから次の宴会条でウェイターやってこいみたいな大忙しなバイトでした。時給が良くて1,400円です。1日の労働時間が8時間を越えると1.25倍の1,750円になります。1日12時間働いて18,000円ぐらい、しかも4時間に1食付くのでお腹もいっぱいになると言う素敵なお仕事です。

そこは配ぜん人紹介所が4つ入っていて沢山の人が働いていました。土日なんかは沢山の学生がアルバイトで来ています。自分とは違う大学に通う同年代の友人がたくさんできました。彼らとは当時夏は海へ冬はスキーへとたくさん遊んで、職場で彼女も出来て、大学でたくさん思い出が出来たと言うよりもむしろ、アルバイト先での思い出の方がたくさんあります。