新歓期のチラシ配りの体験

大学2年生の春、所属するサークルで新歓のためのチラシ配りを行いました。確か全部で500部くらい刷って、手分けして配ったのですが、マイナーなサークルだったこともあり、なかなか受け取ってもらえないこともあり大変でした。しかし、入学式の日には、全てのチラシを配り終えることができ、さらにそのあとで新入生にチラシをほしいのですが、と声を掛けられたりしたのはうれしかったです。チラシ配りなど、新歓期に力を入れてきた結果か、私たちの代が10人弱なのに対し、新入生は40人近くサークルに入っていただくことができました。サークルの説明会なども開催したのですが、そちらの段階では、のべ100人近い参加者があり、過去最大であったとのことでした。私の中でこのような活動は行った経験がなかったことで、慣れない面も多々あったのですが、逆にそれゆえに貴重な経験であり結果としてもよい結果に終わることができたので良かったと思いました。