新聞を読むのは大事

就職試験ではまず面接にすすめるかどうかは一般常識のテストで決まる場合もあります。一般常識は、いきなりつめこんでも覚えるのに大変ですが、ひごろからこつこつと勉強できるのが一般常識でもあります。
まず、新聞はかかさずよんだほうがいいです。大学生だと、新聞をとっていないひとも多いですが、新聞には社会の動きなどがまるごと掲載されているので、学部などにかんけいなく、さまざまな情報を勉強することができます。
新聞なので、専門性が高すぎるわけでもなく、一般常識としてのいろいろな分野の知識が学べるので、バランスよく知識をつけることができます。
新聞は、朝刊だけではなく、夕刊をとるのもおすすめです。夕刊は、おもに文化面が充実しているとおもいます。いろいろな書評や、音楽の評論ものっていますし、ちょっとした作家のエッセーからも、社会の今漂っている雰囲気などを読み取ることができるので、社会のことを知るにはもってこいです。