新聞配達のアルバイトについて

今まで様々なアルバイトをしてきましたが、その中でも一番印象に残っている仕事は、早朝の新聞配達の仕事です。
朝、3時ぐらいに起床し、仕事場に向かいます。
仕事場に着いたら、自分が配達する分の新聞紙の間に広告を挟んでいき、雨の日などは新聞が濡れないようにするために、一枚一枚機械でビニールをかぶせていきます。それをバイクに積み込んで配達開始です。
新聞配達を始めて間もない頃は、配達する家を覚える作業が大変でしたが、馴れると一人で配達することになります。
配達に馴れれば、仕事も早く終わり、自給に換算すれば割とよいバイトになります。
大変だったことは、雨の日も雪などの日も配達しなくてはならないことです。
雨の日はまだ何とかなりますが、路面が凍るような酷い雪の日などはバイクが使い物にならない為、長い距離を歩いたり、滑って転びそうになったりと配達が大変になります。
今はもう新聞配達はしていませんが、楽しかったことも大変だったことも良い思い出になっています。