日本とアメリカの受験

受験勉強をして、本番の試験を受けて、合否が決まる、という
流れが日本にはありますが、そういう流れがない国もあると聞きました。
たとえば、アメリカの高校に入るためには、その生徒の中学での成績で
だいたい判定されて、合否が決まるようです。だから、試験というものが
ありません。芸術系の学校の場合は、実技のオーディションを受けないと
いけない場合がありますが。
私立の場合は、親の経済的な支援があるかどうかがポイントにもなります。
学費は日本とは比較にならないぐらい、高額です。安くて年間100万円、
普通300万円、もっと高い場合もあります。また、基本の学費以外にも
寄付金とか諸々のお金がかかります。でも、多くの学生は、奨学金制度を
利用しています。日本にも奨学金はありますが、一応、卒業後に返済して
いかないといけません。アメリカの場合は、返済は必要ありません。
奨学金がおりるかどうかは、その生徒の成績によります。
私の息子は、アメリカの高校に進学したいと言っています。