日本酒のマリアージュを提案してくれる隠れ家居酒屋

場所は本当に不便ですが。京阪本線の土居駅から歩いて10分。

近所には全く飲食店はありません。駅から店に向かって歩いている途中でも、本当にこの道でいいのかと不安になります。

また看板も地味なものがついているだけなので、見落とす可能性もあります。

ただ、それを乗り越えて店にたどり着けば、本当に楽しい日本酒パラダイスを過ごすことができる、そんな店が「花音(かのん)」です。

なかはカウンター7席だけの本当に小さな店で、それもこれも店主がすみずみまで自分の意識を届かせることができるようにするためだとか。

そういう店主のこだわりは「日本酒と料理のマリアージュ」です。

ワインと料理のマリアージュ、ということはよく聞きますが、日本酒で、というのはほとんど聞いたことがありません。

しかし考えて見れば、日本酒も蔵元によって、米によって、製法によって、年度によって、本当にどれも味が違います。

そういう意味では、料理との相性(マリアージュ)があっても当たり前なのかもしれません。
この店でのおススメの過ごし方は、まずその日の料理のおススメを頼みます。そしてそれに合った日本酒をこれも店主のお任せでお願いします。

これが、毎回行くたびに、ある日はまったりとした鳥の肝とあっさりした山廃、ある日は旬の鱧と芳醇な純米酒、といったように、

めくるめく日本酒の世界を楽しむことができます。

日本酒の数を誇る店は多いですが、このように料理との合わせ方を繊細に提案してくれる店はほとんどないと思います。

その意味で、ぜひおススメしたい店です。行くのは大変ですが。