日能研で中学受験しました

私は中学受験を経験しました。小3の終わり頃に、仲の良かった友達が「私今度から日能研に行くんだ」と言っていて「私も行きたい」と親にお願いしたのがきっかけでした。友達が塾に行くから私も行きたいという、子供っぽい気軽な動機ですね。私はその時点では「中学受験」というのがあることを知らなかったのですが…。
親と一緒に入塾試験を受けに行って塾の人に説明を聞いたら「受験するつもりがなくても入塾できますよ」と勧誘されたみたいです。しかし入ってみると実際、日能研にいるのに受験しない子、というのはほぼゼロだったと思います。結局、そういうセールストークだったのかもしれませんね。
ただ、私は千葉県在住だったのですが、当時の公立中学が相当荒れていまして、クラスの男子の半分が退学するという事態にまで発展していたんです。なので親としても私立のほうがいいかもと思ったみたいです。私もその話を聞いて、受験したいと思うようになりました。そんな感じで中学受験をすることが決定しました。
いざやってみると、小学生にこんなに勉強させるのか?と親はびっくりしたみたいです。私としては自分で塾に行きたいと言ってしまった以上は、最後までやらないとなあという感じで、目標に向かって頑張っていました。これは、親に無理やりやらされていると思ってやるとかなりきつかったと思いますね。自分の中に、ちゃんと動機があれば、子どもながらに責任感を持って頑張れると思います。
結果は無事に第一志望校合格でした。日能研の優しくも厳しい先生やお姉さん的存在のスタッフさんには今でも感謝しています。