早く正社員の仕事がしたかったこと

大学に通っている間には、アルバイトなどの仕事をする人が多くなりますが、その仕事に夢中になってしまい、大学卒業の目標が薄れてしまう人がいます。

せっかく高い入学金を払って受講しているのですから、卒業まで在学することは必要な事だと思います。ただ、仕事が忙しいとなるとどうしても学校に来る頻度が減ってきます。このまま学費を払い続けて授業に来ないとなると問題なので、休学申請をする仲間もいたのです。

その仲間の場合は県内で仕事をしていたのだが、とても良い給料であったということで、そのまま県外の本社に転勤になったのです。転勤になる前に大学のことを考慮して話し合うことも出来たはずなのに、すでに仕事がメインの考えになっていたようです。

休学した後に復学して卒業まではしたのですが、卒業式は私達と一緒ではありませんでした。しかも問題なのは、大学を卒業する頃にはその会社は既に辞めてしまっていました。なので、私達友人で集まってお酒を飲むときには、思い切りイジられるネタになっています。