時間がないときの受験勉強の方法

受験対策の勉強は長い時間をかけてコツコツと出来るのなら、もちろんそれが最も良いのですが、実際はそうは出来ずに時間がない中で勉強するはめになる方が多数派でしょう。ですので、短期集中型の勉強のコツをお教えしたいと思います。
一つ目のコツは暗記モノと理解モノに分類し、先に理解モノに手をつけるということです。暗記モノには歴史や古文漢文などがありますが、これらは時間をかけて周回しても時間が経てばわりとすぐに忘れてしまうものです。私は高校一年二年と日本史をみっちりとやったのですが、大学三年の秋ごろに復習したときにまったく覚えていなくてアセった記憶があります。周囲の高学歴の方に聞いてみても、特に歴史は直前に短期集中で行った、という方が圧倒的に多いです。
二つ目は参考書を読むとき「流し読み」を利用するということです。1周目は文字通り流し読み、2週目は1周目よりジックリというふうに行っていくのです。というのも、参考書は重要な部分は反復させたり長くページを取ったりしてくれているので、流し読みをすることで全体のうちの大事なことから先に覚えていくことができ効率が良いのです。