普段とは異なる自分を演じる舞台である学園祭

私は学園祭は、何かを演じる場だと考えます。それも普段とは異なる自分を演じる場だと思うのです。
例えばある学校では、学園祭にて仮装の出し物を行っているようですね。アニメの登場キャラクターなどに仮装していることもあります。そうかと思えばいわゆるハロウィンの仮装を行っているイベントなどもあるのですが。
また私が通っていた学校では、演劇の出し物を行った記憶があります。本番に向けて、色々とリハーサルを重ねたことがありました。あれはなかなか楽しかったですね。
ところで上記の仮装と演劇は、どちらも何かを演じているものです。仮装では、明らかに普段と異なる自分を演じています。特にハロウィンなどは、確実に普段と異なる自分を演じているのですが。また劇も同様ですね。劇の登場人物になりきるという行動は、やはり誰かを演じている事だけは確実です。
このように学園祭という場では、生徒の方々はしばしば普段と違う自分を演じている訳です。それが学園祭が楽しく感じる理由の1つなのかもしれませんね。