暇すぎて幸せだった大学生時代

他の大学ですと深夜まで大学に居残って研究や勉学を行なわなければならない大学もあります。

でも、自分が通っていた大学は朝九時に家を出て午後三時には家に帰宅をしており、とても余暇が余っていました。
大学生時代は暇、暇、と皆が言っていましたね。
社会人ともなると暇というのはお金と同じくらい、もしくはお金よりも価値がある物とされがちです。

しかし、大学生時代はどうやって暇を潰すか、といった事柄に奮闘していたくらい時間がありました。
若かったので疲れも無く、眠りたいとも思わず、
アルバイトをしたりインターネットをしたりして余暇を潰していました。
朝が来ると、また今日も暇な一日が始まるのか、とすら思っていたくらいです。

でも、社会人になると、潰したくなるほど無駄な暇があるとはなんて贅沢だったのだろう、なんて苦笑してしまいます。
アルバイトでお金を得て、食費にしてみたり貯蓄にしてみたり、
と特に使い道もありませんでしたが主にアルバイトをして時間を潰していたように思います。