書店のアルバイト

学生時代の頃は、いくつものアルバイトを経験してきました。
その中で季節限定のアルバイトもなりました。
毎年、春の新入学シーズンの志事で3月からのゴールデンウイーク過ぎまでのアルバイトでした。

場所は紀伊國屋書店です。
書店では、このシーズンになると新しい教科書のガイドや参考書、辞書の特設コーナーができます。

そこのコーナーの担当として3年間、このシーズンだけアルバイトをしていたのです。

僕は主に辞書担当として、英和・和英辞典の他に国語・漢和辞典を扱っていました。

お客さんからの購入相談の対応。
そして、レジでの販売。
また、在庫補充等と仕事の作業項目は比較的少なかったのですが辞書の種類は結構多いことで、アルバイト当初は覚えきれずに大変でした。

他には商品の補充です。
売り場で辞書が少なくなってくると、倉庫から運んできて補充をしなければなりません。

しかし、他の参考書や教科書ガイドと比べてかさばるし、重たいので、運ぶのも少し手間取っていました。

それでも、購入してくれるお客さんからの
「色々、教えてくれてありがとう。」
の言葉は嬉しかったですね。