最も印象に残っているアルバイト

わたしが大学時代にやっていたアルバイトで就職した今も役に立っているなと感じるのはコンビニのアルバイトです。20年も前のことで今ほどあちらこちらのコンビニがあふれている時代ではありませんでした。しかし、はじめてレジ打ちをして、性別や年齢などを登録してからバーコードを打ち込むことの意味をよく分かっていませんでしたがマーケティングを語る上で非常に重要なことであるということが就職してからわかったわけです。また、店長が仕入れを行う際に過去の売れ筋や天候を参考にしながら発注している姿も今ならなるほどと理解することができます。今ではコンビニも多種多様なサービスが生まれているのでアルバイトでも仕事を覚えるのが非常に大変なのではないかと感じます。しかし、社会人になる前にさまざまなサービスがあることを覚えるには最短のコースではないかと思えるほどいろいろな取り扱いがあるのも確かです。わたしも本当にいろいろ勉強できました。