最近の失業率の推移とアルバイトとして働くチャンス

ここ数年間は、日本の雇用情勢が徐々に良くなってきているようです。その証拠の1つは、失業率ですね。ここ数年間で、失業率がだいぶ改善されつつあるのです。そしてそれは、アルバイトの採用率などにも関係してくると思います。
まず今から5年前なのですが、日本の失業率は5%台という数字でした。4年前も同じく5%台でしたね。
ところが3年前は4%台に突入して、その後は3年間かけて徐々に数字が下がっていきます。現在では失業率は3%台という状況です。
ところで失業率が下がっているという事は、少なくとも雇用情勢が良くなっている事の証拠ですね。となると、アルバイトを採用する企業の数もだんだんと増えてきていると思うのです。現在ではアルバイトの採用状況も、ちょっと売り手市場となっているようですね。応募すれば、採用される確率は高いと思います。
つまり現在の状況は、アルバイトとして働くチャンスだと思います。今後雇用情勢が悪化する可能性もゼロではないので、早い段階でアルバイトを見つけておいた方が良いと思いますね。