服を買い過ぎた大学時代

私は大学時代の中でも、とにかくオシャレをしなくてはならないと妙に張り切っていた時期は大学一年生の頃だったと思います。
田舎から東京へやってきてあまりオシャレをする習慣が無く、大学生に入って初めの頃は毎日着るものが無いなと悩んだ時期もありました。
大学一年生の頃はオシャレの方法が良くわからなくて、自分には似合わない服を買ってしまったり、着回しが難しい服を買って失敗したことも多かったです。
しかし、高校生の頃までは常に制服を着ていたのですが、大学生になって初めてオシャレを楽しむ面白さを知ることが出来たり、着回しの効く服の選び方を覚えられたことはOLになってからも本当に役立っています。
社会人になってからも毎日私服ですし、学生のうちに買っておいた服や、ブランドやセールなどファッションの事項について詳しくなっておいた経験は本当に役に立っているので、大学時代に友達に負けないようにとオシャレを楽しんだことは本当に良い思い出の一つです。