期末試験は無事に終わったものの

ある年の冬はかなり雪が降りました。私は冬が好きなのですが、その理由の一つが雪です。あまり降らない地域ということもあり、珍しい存在に当たる雪が降ると嬉しく感じられるのです。ですが、雪は良いことばかりではありません。雪の日の場合、電車のダイヤが乱れたり、最悪運休するということもあります。大学の期末試験が行われるのは1月の末辺りからということで、試験に影響があることも考えられます。もちろん、学校側はそのような事実があれば配慮してくれるのですが、通常とは違う状況なので、やっぱり歓迎しがたいです。その年はとても不安に感じていました。
幸いなことに試験が終わるまではまったく影響がありませんでした。雪自体は降ったのですが、試験日とは被らないでくれ、また大きく降りだしたのは試験が終わった後のことだったのです。ほっとさせられました。しかし、よく考えると、期末試験が終わったということは大学の入学試験が行われるということです。元受験生の身としては、雪で入学試験が大変になるであろうと思うと複雑に感じられました。