本当にやる気にさせてくれる塾って?

受験という言葉と塾は切っても切れない関係にあるように思います。合格を目指すために自分に合った塾を探すというのは私としても賛成ではあります。

ただ、この塾選びに関してなりふり構わずの姿勢でいる保護者の方が非常に多いように思えます。必死に探すまではいいかもしれませんが、塾が決まるとあとは先生任せという人を多く見るのは気のせいではないでしょう。

ただ、誤解をしてほしくないのは、受験に対しての知識がないから塾に預けているのにそれがいけないと言っているわけではありません。

預けた後の子どもの様子をもっとしっかり見てほしいのです。塾に行っているだけで安心していませんか。高いお金を払っているだけで満足していませんか。

どこの塾も学力を伸ばすためのノウハウは持っています。しかし、それが子どもに合っているかまではやってみなければ分からないのではないでしょうか。

だからこそ、子どもの様子を見てあげてほしいのです。その塾に通ってから机に向かう時間は増えましたか?やる気は上がっていますか?勉強についての話題が子どもから出ていますか?

こういったことは、親の目線でなければ分からないものです。本当に今の塾が合っているのかは、時にはこういった視点が必要だとも思います。