本当は嫌だったレジ打ち

今から数年前の出来事なのですが、よく行くスーパーの軽作業の募集があったので、私は小銭稼ぎの目的で応募し、無事採用となりました。
時給が1,000円近く、競争率もそこそこ高かったので私はラッキーと思っていたのですが、採用された後の連絡で思わぬ事態になったのです。
募集の中身は「軽作業」と記述されており、品出しや清掃などを想像していたのですが、スーパー側から打診されたのはまさかの「レジ打ち」・・・。
私はギョッとしました。とにかく私は、お金を扱う作業だけは絶対にしたく無いと常日頃思っていたので、スーパー側に何とか別の作業に回して欲しいと懇願したのですが、答えはNO。
それどころか、レジ打ちじゃなければまた別の機会に・・・みたいな表現をされたので、かなりイライラしつつも時給に負けて承諾したのです。
そして苦痛の日々が始まりました。お金のやりとりだけでなく、極力「お客さん」と関わるのも嫌だったので、結局10日程度でスーパーの責任者と喧嘩みたいな形を経て辞める事となりました。