材料費をできるだけ使わないようにする

学園祭の出し物をする時にはコストが問題になってきます。大学の学園祭だからといって多くのコストを使って良いということではなかったのです。とにかく節約しながら準備するために、材料の確保がとても難しかったのです。

段ボールでは強度が足りないし、引火して燃える可能性があったので、ガスコンロ付近に使う素材は燃えにくい強度のある合板のベニヤ板が必要でした。本来はスチールやアルミでできたテーブルが良いのですが、そんなちゃんとしたものを使うには、リース会社から借りてくる必要があります。

それだと相当にコストがかかってしまうので、事務用テーブルをメインにして、これを焦げ付かさないように補強したりして使ったのです。良く考えてみると、どこかに引火すれば全て燃えてしまう素材だったのですが、その時は他の材料が確保できなかったのです。

学園祭で提供する食事は必ず加熱することが条件でした。食中毒を予防することが何より大事だったようですが、私としてはもっとバリエーションの多いメニューを提供したかったのです。