松屋でアルバイトをしていた話

わたしは大学生時代に牛丼チェーンの松屋でアルバイトをしていました。ただ、その店舗は全国でベスト3には入る売上を誇る店だったので、忙しさは半端ではなかったです。

わたしが働いていた期間は1年間で、大学四年生の時でした。もう、単位は殆ど取っていたので、夜間ではなく、昼間の時間にシフトを入れる事にしました。

ただ、この昼間の時間が松屋は本当に忙しくて、ランチで食事にやってくるサラリーマンの方々で埋め尽くされます。

サラリーマンの方々は昼休みの時間が限られているので、早く注文を捌かないと結構、容赦なく文句を言ってきますので、プレッシャーが凄かったですね。

一度、注文を間違えて、遅れて商品を提供した時は烈火の如く、サラリーマンの方に叱られました。

まあ、そんなこんなで松屋のアルバイトをこなしている内に徐々に慣れるようになり、分かった事がありました。

仕事は段取りが非常に大切で、それがしっかりとしていれば、時間を効率よく使えるという事です。

色々と忙しかった松屋ですが、学生時代の最後にいい経験をさせてもらったと思います。