某ミュージシャンのコンサート警備のアルバイト体験談

大学生の頃、某ミュージシャンのコンサート警備のアルバイトをしたことがあります。
私はそのミュージシャンが好きだったので、仕事をしながら音楽も聞けるのではないか、
一石二鳥だと思い、警備のアルバイトに応募しました。

警備する場所は、大きなコンサートホールでした。
仕事は、まず、入場の際にお客さんのカバンの中身を
チェックする仕事でした。お客さんの中には嫌な顔をする人も
いましたが、全員のカバンを漏れなくみなければいけないので、
大変でした。

その後、コンサートが始まりました。
私は2階席で警備をすることになりました。
私はコンサートがやっと見れると思って
嬉しかったのですが、警備員はミュージシャンの方を見てはいけない
決まりでした。体の向きはお客さんのほうを向いていなければいけないのです。

すぐ近くで好きなミュージシャンが演奏しているのに、それを見れないなんて
辛いな、と思いながら、警備をしました。しかし、生音楽を聴くことはできたので、
満足でした。