格闘技と関係あるの?

夫が大学時代に入っていた総合格闘技サークルは毎年夏の合宿があり
その内容がまた変わっているので有名でした。

どこかの避暑地へ行って数日間の集中トレーニングをする、ここまでは理解
できますが、なぜかその後、突然、サバイバルトレーニングが入るのです。

それは、近くの森の中などから、食べられそうな草や虫などを自分で
拾ってきて、自ら起こした火で調理して食べてみる、というものでした。
これも格闘技に必要な一種の精神修養だったのかもしれません。

そういうサークルに入っていた割に夫はひ弱なところがあり、そういう
自然に関する実践的な知識もないし、またお腹も弱かったので、
はっきりいって悪夢のような修行だったようです。

実際にどれ位の人が成功したのかは知りませんが
少人数サークルだったので、適当にサボるのも難しかったでしょうし
夫も何かしら食べたそうですが、思い出したくないのか詳細は語りたがりません。

中にはそういう変わったことが大好きな部員の人もおり
周りから奇人扱いされていましたが、部長の覚えはめでたいようでした。
世の中にはいろんな認められ方があるんだなと感心せずにはいられません。