格闘技サークル?

あれは私の夫が大学時代に入っていた格闘技サークルの思い出です。

当時、総合格闘技(マーシャルアーツ)が世間でも流行し始めた時期で
昔からブルース・リーやジャッキー・チェンに憧れていた夫は
すぐさま入部し、日々練習に励んでいました。

ザ・体育会系という訳ではないですがそれなりに上下関係は
厳しかったようで、特に創部者である部長には誰も頭が上がらない
状態でした。

とはいえ、ただの怖い先輩ではなく、ユーモアのある人だったので
色々と不思議な部の伝統を作っていったようです。

その中に、胃袋を鍛える訓練、と称して、以下のようなチャレンジを
毎年やっていました。

まず、部員同士で近くのファーストフード店に行き、ハンバーガーを
1人あたり40個くらいテイクアウトで買います。
大学に戻ってきたら、中庭の一番目立つところでそのハンバーガーの袋を
開き、とにかく限界まで食べまくるのです。

割と大食いの方だし、最初は楽勝と思っていた夫ですが、バーガーののど越しのために
ジュースを飲んだのが失敗の元で、結局20個くらいしか食べられたことがないそうです。
(残りは持ち帰ったそうですが)

大学生らしいというか、ちょっと呆れるチャレンジでした。