案外忙しい大学時代の勉強

大学生になると遊んで過ごせるのだろうと勝手に思っていたのですが、実際大学に入ってみると、案外勉強する必要があることに気付きました。
今から思えば学生ですし、大学生というからには学業に取り組むことは欠かせないのですが、当時は勉強があまりハードなイメージが無かったのでショックでした。
毎週のように課題が課せられたり、長文のレポートを短いスパンで提出する必要があったりと、大学時代は案外勉強が忙しかった思い出があります。
ただ、普段はアルバイトをしていましたし、サークル活動や友達との飲み会など遊びも大切にしていました。
勉強が一番忙しかった時期といえば、テスト前のタイミングです。
テストで悪い成績を取ってしまうと留年してしまうリスクもありますし、とにかく単位だけは死守したかったので、テスト前になると尻に火が付くかのように必死に勉強に追われていました。
ただ、自分で興味ある学科を選んだり、面白そうな授業を多く選んでいたので、大学時代の勉強は案外楽しめる者も多かったです。