業務用の機器をメンテナンスする

土建屋さんが道路を整備したり、建物を建てたりする前には、その場所を測量する必要があります。道路にはいくつものポイントが設置されており、そのポイントからどれくらいの距離でどの角度なのかを計測していけば、正確な位置が分かるのです。

この測量機をメインで扱っている会社でアルバイトをしていたことがあります。この測量機は細かい期間でメンテナンスをする必要があり、制度をギリギリまで調整することが大事なのです。測量の際に数ミリずれでも問題ない事は絶対にあり得ないのです。

ということで、土建屋さんの事務所を回って測量機を預かってメンテナンスしてから届けるという業務をやっていました。特に決められたルートはなかったので、土建屋さんの看板があれば測量機のメンテナンスが大丈夫か聞いて回るような仕事でした。

営業のような感じでしたが、押し売りをする仕事ではないので、土建屋さんの担当者も現状を詳しく話してくれたし、こちらも次に回ってくる日を考えるようにしていました。