楽しむバスケットボール

大学時代の思い出といえば、サークル活動です。
小学校から続けていたバスケットボールサークルに入りました。
特に高校に入ってからは、誰しも経験があるとおもいますが、楽しむよりも勝つことを重視して練習してきました。
いつしかそういった練習が普通になり、バスケットボールを始めた時のワクワク感は完全に消えていました。

大学のサークルではもちろん経験者もいましたが、未経験者も 数多くいました。最初はどうなることかと思いましたが、これがやってみると予想以上に楽しかったのです。

経験者は練習もしますが、教えることの方がメインとなっていきました。
教えた友人がドンドンうまくなる姿、楽しそうにプレイする姿は私の中で長い間忘れていたことを思い出させてくれたのです。

ある程度形になってから試合もこなしていくようになりました。
高校時代は、勝つことが最優先なので全員が試合には出ることができません。
しかし、サークルチームでは全員が試合に出場し全員に活躍のチャンスが回ってくるのです。
活躍できた選手には大きな歓声もわきました。

社会人になってからも、楽しむことを忘れずにバスケットボールと向き合っていきたいと思います。