楽だった受験勉強

高校受験の時、行きたい公立高校がありました。ただ、成績からみると、ボーダーラインで、ランクを落とすべきなのか、すごく迷っていました。
その時、両親が、私立の女子高の名前を出し、「この高校は、すごく良い学校だから、ここを受験しなさい。」と言い出しました。
私は、女子高へ行くなんて考えられず、最後まで嫌だったのですが、両親に押し切られ、受験することになりました。
私の成績では、余裕で行ける学校だったので、勉強する熱が下がり、遊んでばかりになり、どんどん成績が下がっていくようになりました。他の子は、必死で勉強しているのだから当たり前ですよね。
焦って、最後の一か月くらいは勉強しましたが、あまり必死にならなかった受験でした。
楽に高校へ行きましたが、今から振り返ってみると、ドキドキしながら、テストを受け、行きたい学校へ行くために必死になるというのも経験しておくべきだったのかなと思います。
社会に出てから、試練はたくさんありますので。