楽器店でのアルバイトは苦労しました

楽器店でアルバイトをしていました。
楽器店のアルバイトは、他のアルバイトと少し違うところがあります。

それは、お客さんの注文がかなり曖昧だという事。
楽器店ですので、当然お客さんは楽器を買いに来るのですが、半分くらいのお客さんが、どこのメーカーの型番(商品名)が何々という楽器、という具体的な指定をしてきません。
なんと言うか、擬音で注文してきます。
「バーンって音がするギターありますか?」とか「ズンズンする音が出るギターが欲しい」とか。
その注文を聞いて、私が何本か選んでお客さんに試し弾きしてもらうんですが、私とお客さんの「バーン」や「ズンズン」の感じ方に違いがあり、なかなかお客さんが求める音がするものが見つからなかったりして苦労しました。

さらに難易度の高いお客さんになると、「軽い音なんだけど重い音が出るギターが欲しい」とか、「悪そうな音のするベース」とかいう注文も。
お客さん本人も明確な答えを持っているわけではないので、かなり苦労しました。