模擬テストは自分の過去を知ることが出来る

模擬テストというのは楽しみでした。
受験勉強をしてきて、唯一、自分の頑張りを評価してくれる存在であり、そこで初めて自分が何を頑張ってきたのか、ということがよく分かるからです。
もちろん残酷な現実も教えられました。

実際に浪人して大学に入ると模擬テストくらいが他の受験生と接する機会です。
浪人生は孤独です。
実家を出て一人暮らしをしながら受験勉強して、アルバイトをして、その毎日をひたすら我慢して、受験に挑みますから自分で言うのも変ですが、浪人生というのは精神的には強くなっていると思います。

現役で受験に落ちると落ち込むことが多いですが、それでも受験勉強に専念できるとも言えます。
もちろん現役で合格することが一番ですが、それ以上に最も自分の実力を客観的に判断できるようになります。
高校にいる間は「何かなる」という雰囲気にのまれていましたから。

模擬テストを受けて自分の頑張りが見えると受験も楽しくなってきました。
だからこそ、模擬テストまでにどれだけ勉強するのかが重要なのです。