模試を活用して受験合格

大学受験を受けるという受験生の人は、毎日勉強に励んでいるのではないかと思います。継続は力なりということわざにもあるように毎日継続して学習を続けることが最も受験に合格するために大切なポイントですが、その他にも様々なものを活用することでより合格率を高めることができます。
そのうちの1つが、いろいろな予備校が行っている模試です。今回はそんな模試の有効な活用方法をご紹介します。

1.やりっ放しはNG
模試でありがちなミスが、受けるだけ受けて答え合わせや復習をしないということです。確かに模試には今の自身のレベルを知るという目的もありますが、間違った箇所の解説を読み込んだり、出題の傾向を分析することは合格に向けた第一歩となります。

2.試験形式に慣れる
模試の有効な活用方法として良く挙げられるのが、試験形式に慣れられるという点です。一人で学習している時に比べ、周囲に同じライバルたちが座り、制限時間内で問題を解いていくというのはそれなりに緊張感があるもので、普段と同じように解けなかったりというケースも少なくありません。
しかし、何度も模試を受けているうちにそうした緊張感も感じにくくなっていきますので、そうした意味でも模試は大切と言えます。