機材を運ぶスタッフ

私が長期間アルバイトしていたのは、イベント関連のスタッフでした。コンサートや講演会、決起集会などがあると現地に行って音響機材などの設備を設置するのです。ほとんどの設備が高度な技術が必要なため、作業の指示は熟練のチーフがとりまとめています。

なので、私としては重い機材を運んでいながら、これが何使われる物なのか分からないまま仕事をしていました。言われれば移動して機材をセッティングするのですが、言われた位置にコードを差し込んでいき、セッティングが完了しますが、一端ラインを全て抜いてしまうと、私では普及させることは無理なのです。

そんな仕事を長く続けていると、少しずつですが機材に書かれている英語の文字が理解できるようになってきました。何のために別の機器に繋いでいるのか、どんな効果があるのかについても理解が深まってきました。

このような音響機器の知識は、家電ショップで販売をする時にも生かされると思うのです。次は電化製品のお店でアルバイトをしようと思います。