正しい接客マナーが身に付いたアルバイト

まだフリーターだった20代前半の頃、私はビジネスホテルのフロンにてアルバイトとして働き始めました。この仕事がしたいという訳では無かったのですが、一度ホテルで働けば他の旅館やホテルでも働けるスキルを身に付けられるとは思っていました。

実際にフロントとして働いてみると、言葉の使い方や接客の仕方など、正しいマナーが必要だと感じまして、先輩がお客様と対応する様子をじっくりと観察するようになりました。

そこで得たことを自身の接客の中に活かしたり、マナーが身に付くような書籍を購入し、自主的に学ぶ努力を行いました。するとある日、お客様に感謝の言葉をいただきまして、この仕事を行っていて本当に良かったと思えたのです。

その後私は退職し、今度は正社員として観光地の有名なホテルに就職しました。即戦力の扱いだったことから、収入的にも満足のものでした。これは全てビジネスホテルでのアルバイトを行った経験があったからだと考えています。