武蔵野美術大学 芸術祭

武蔵野美術大学の芸術祭は、作品発表をメインとしており、毎年アート性に富んだオリジナリティ溢れる学園祭になっています。
2014年度のテーマは「サーカス」で、開催期間は10月25日から27日までです。
本年度も芸術性の高い内容で構成され、作品展示やアートパフォーマンス、個性的な模擬店やワークショップなど、様々な形で芸術を体感できる、美大ならではのイベントが開催されます。
芸術祭は、東京都小平市にある鷹の台キャンパスで行われ、西武国分寺線「鷹の台駅」から徒歩約20分でアクセスできます。
武蔵野美術大学は1962年に設立された私立大学で、東京5美大の一つです。
デザインやアートを学べる武蔵野美術大学では、造形学部に11学科を設けており、造形における各分野のエキスパート養成を教育理念として掲げています。
また、2012年4月から六本木の東京ミッドタウン内に「武蔵野美術大学デザインラウンジ」を開設し、デザインを基軸にした情報発信拠点として社会や人とつながる交流の場となっています。
様々な分野に活躍の場を広げる武蔵野美術大学の学園祭で、今年はぜひ芸術の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。