歩くのは良いことではありますが…

大学に入って驚かされたことはいろいろありましたが、中でも驚かされたのはその広さです。毎年の入学者数を考えればこれくらい必要なのかもしれませんが、それでも複数あるキャンパスの中の1つなのですから驚きです。あまりに大きいので半年経っても行ったことがないような所もありました。
大は小を兼ねると言うので、一般的には広いことは良いことだと思います。ゆったりした環境の中で勉強できるので、狭いよりは良かった気がします。しかし、移動が大変です。特にしんどかったのが部室棟への移動。授業時間に遅れないようにと、授業が行われる棟は密集しているのですが、それ以外である部室棟はかなり奥の方に追いやられているのです。加えて大学の構内なのに坂が続きます。時間に追われることはありませんでしたが、行くのはとても大変でした。しかも、大学の裏手は山。戻る時も同じ道を通って帰らなければなりません。学校内を歩いているだけなのに、結構な運動になっていた気がします。おしゃれもしたかったですが、スニーカーでないと辛い学校でした。