残業をお断りできるアルバイト

会社には、状況によっては残業が発生する事があります。例えば勤務の時間帯が、9時から18時という会社は多くありますね。ところが会社の都合によって、18時までには業務が完了しないケースもあるのです。その場合は、残業になります。早く帰りたい方の場合は、ちょっとその残業は敬遠したいものですが。
ところでアルバイトには、その残業に関するメリットがあります。なぜならその雇用形態の場合、残業をお断りする事が可能なのです。ですので18時になって「残業をしてくれないか」と会社から言われた時には、お断りをする事も可能です。
ところが正社員という雇用形態の場合は、そうではありません。会社から残業を言い渡された時には、必ず応じる必要があります。この残業の有無が、アルバイトと正社員の主な違いの1つですね。
そして人によっては、上記のようにあまり残業を引き受けたくないと考えている方もいらっしゃるでしょう。そのような方にとっては、正社員よりもアルバイトの方が良いと思います。