毎日コツコツ!朝方勉強は効果的!

自身の経験から言わせてもらいますと、やっぱり寝て起きてからの朝方の勉強は効果的であったと思います。

社会人になると、「5時から本調子!」などという言葉もありますが、勉強においてはやっぱり疲れのたまっていない朝イチの勉強がもっともよく入っていったと思うのです。

10代という若さもあり、夕方以降は眠くなってきてしまっていました。中学生の頃は部活動もしていましたし、そこを好きでもないコーヒーで起こして勉強をするのは、健康的ではありませんし、効率も悪いものです。

ですから、私は中学1年生の後半以降は、まず帰ってきてからごはんを食べてお風呂に入ってすぐに寝る!だいたい20時には寝ていました。そして起きるのは3〜5時です。可能ならば8時間睡眠を目標としていましたので、そこは調節していましたね。そして、学校に行く用意をする7時までしっかり勉強!だいたい毎日2〜3時間ほど行っていました。

平日はこのような勉強方法でした。ちなみに、宿題があればまず先におこなっていましたね。この朝方勉強方法は、とくに「暗記もの」には有効です。