気持ちの切り替えに効果あり

野球が好きな私は、筆記用具に順番を付けていました。エース、二番手、三番手という感じです。野球は、5人、6人の先発ピッチャーのローテーションでシーズンを戦います。もちろん、一番最初に投げるピッチャーが一番登板回数が多くなるのでエースピッチャーです。その次が二番手、次が三番手というわけです。私はこれをシャーペンに当てはめていました。どのシャーペンを使ったかによって模試で調子が良かった、悪かったというのがあったので、そのように順番を付けたのです。エースが打たれる(調子が悪くて問題が解けない)場合は二番手。二番手でもダメなら三番手という感じで使っていました。
シャーペンは書くものであり、それ以外の意味はありません。変えたところで問題が易しくなるわけではありません。しかし、気分を変えることは出来ます。おかげで問題を解くことができたということもありました。もちろん、解けないこともあり、意味なくシャーペンを変えているということもありました。そんな時は、試験官の方に何しているのだろうかと思われていたかもしれません。