求人倍率の上昇傾向と就活の難易度の変化

ここ最近の就活は、以前に比べると難易度が低めになってきていると思います。その理由ですが、倍率です。
最近の求人倍率は、昔に比べると高めになってきているのです。それが何を意味するかというと、内定率のアップです。求人倍率は、高い方が内定になる確率は高まります。倍率が1倍の方が、0.5倍よりも内定率は高いものなのです。
そして昨今では、ほとんどの業界にて倍率は上昇傾向にあります。特に医療業界ではその傾向が顕著で、看護師などは1.0倍を超えている地域も非常に多いそうです。薬剤師なども、最近は求人倍率が高いそうなのですが。
求人倍率が高くなってきている以上は、やはり就活も昔よりは楽になってきていると思うのです。となると、求人倍率が高い現在は就活を行う良いタイミングだとも思います。倍率が下がるとその分難化する傾向があるので、就活を行うのは早い方が良いのではないでしょうか。特に看護師の業界では、早めに就活を行う方が良いと思います。