求人募集広告の罠

アルバイトを探す時、気にする条件は多々あると思います。
時給、勤務時間、仕事内容、などなど挙げられますね。
最近は気楽に働けるバイトが求められているようで、時給よりも内容が重視されているそうです。
しかし、企業側もあの手この手で人を集めようとするため広告をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

代表的なのは「軽作業」という謳い文句です。
字面から簡単な仕事を想像しがちですね。
軽い物を運んだり、負担の軽そうなイメージが湧きます。
ですが実際には「特別な資格・能力がいらない作業」という意味です。
つまり、大きくて重たい荷物を運ぶ仕事でも体力次第ですから「軽作業」として募集されます。
楽そうだと思いやってみたら体を壊した、という話も聞いたことがありますし注意が必要です。

これを悪意と取るか、業界用語として理解し割り切るかは人によるでしょう。
その他にも、募集広告とは違う仕事をさせられてしまうこともあります。

バイトだから、と考えずによく見極めて仕事を探しましょう。